読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッセイ Blue

読み手を引き込む文章を書く、たった一つの方法

エッセイ Blue 18 名文、悪文、美文、いろいろあるとは思うのですが、読み手を引き込むことができなければ、そこで終わりです。引き込み、最後まで読んでもらわなければなりません。 文章を読む、ということは、ほとんどの人にとって、しんどいことだと僕…

荷物を運んできてくださった女性にトラウマを植え付けてしまったかもしれない僕の懺悔録

エッセイ Blue 17 永かった冬も、ようやく終わりに近づいてきたようですね。まだまだ油断はなりませんが。 僕は── 皆さんもご存知だとは思いますけど── 聞きしにまさる寒がりじゃないですか? (知らんがな) 知らん方はこちらを読んでね (^o^)/ でもこの…

ファーストフード店の「動かないテーブル」がキライだ。

エッセイ Blue 16 ファーストフード店、そんなに行くわけじゃないですけど、たまには行くんです。 僕は── ご存知だとは思いますけど── すみっこの席が好きじゃないですか? (知らんがな) すみっこが空いてたら パッ、と座っちゃうんですよ。それはそれは…

「何度 言っても直らない あの人」に対するストレスが激減する思考法

エッセイ Blue 15 「どうしてあの人はあんなことをするんでしょう?」 「何度 言っても改めてくれないんでしょう?」 そんなことを話し、ため息をつかれてる方に、最近 つづけて会ったんですよ。 だから今回は、こんな「エッセイ Blue」を書いてみました。…

信号機がキライだ。

エッセイ Blue 14 信号機がキライだ、言われてもねぇ。なんぼアホな僕でも信号機がなかったらエラいことになることぐらいはわかってるんですよ。 24時間、365日働いてくれたはって、頭が下がりますよ、ホントに。でもねぇ〜、 あ、青信号はいいんです…

好きな作家の新刊が出るとそれだけ持って旅に出ることにしている

エッセイ Blue 13 好きな作家の新刊が出ると、それだけ持って旅に出ることにしている。 その本を読むためだけの旅だ。旅というか── 日常から自分を切りはなすのだ。その作品世界だけに集中するために。一週間前後を、その本だけに捧げる。 たいして遠くへ…

北大路ビブレのキャンドゥのメラミンおばけスポンジに衝撃を受ける

エッセイ Blue 12 北大路ビブレのキャンドゥに、水回りの汚れなどを落とすスポンジをさがしに行ったのだが、「メラミンおばけスポンジ」というのが不意に目に入り、度肝を抜かれた。 マンガのふきだしのような かたちをした おばけたちが、パッケージにぎ…

空手と鼻血と女子高生

エッセイ Blue 11 高校生のとき、いっとき空手を習っていたんです。 友だちが誘ってくれたので。「智(とも)は手足がひょろ長いから空手、向いてるよ。一緒にやろうぜ」と。たしかに僕は手足はひょろ長いんです。それで、「そうか、向いてるのか」と思い…

冬がはじまるよ

エッセイBlue 10 冬が来る。寒い寒い冬が来る。 そもそも僕は 人が驚くほどの寒がりで、夏でもインド綿の首巻きをカバンにしのばせている。長袖のボタンダウンシャツと、薄手のパーカも。 喫茶店やショッピングモールに入ると、たいていクーラーがききすぎ…

魅力的な文章とは? 「Blue〜」的考察

エッセイ Blue 9 ほとんどの人にとって、文章を読むということはしんどいことだと僕は思っているんです。 結論から言うと、魅力的な文章とは読むのに苦労しなくてもいい文章、ということになります。歯をくいしばらなくても読み進められる文章、ということ…

初めての駅で降りる

エッセイ Blue 8 ローカル電車に小一時間も揺られ、降りたことのない駅で降りるのが好きだ。 つつましいロータリーを抜け、ひなびた商店街を歩く。鉄柱にスピーカーが付けられていて、そこからラジオの音声が流れていたりもする。「今日の日中の最高気温は…

あなただけの風景

エッセイ Blue 7 自分だけの風景というものがある。 そんな風景にめぐり逢うと、すぐにそれとわかる。 一年に2、3回もない。あればいいほうだ。 友人と一緒のときにそんな風景に出逢うと、僕はできるだけ早いうちに、その場所へまた向かう。 今度は一人で…

自動販売機奇譚

エッセイ Blue 6 家から1分も歩かないところに飲み物の自動販売機があり、よく買いに行く。よく買いに行ったのだが── 四月に入ったばかりのころだ。 その日も温かい缶コーヒーを買いに行き、商品と対面すると、すべての飲み物が、青地に白文字で「つめた〜…

棺桶で眠る

エッセイ Blue 5 眠るとき僕は耳栓をする。 ちょっとした物音でも起きてしまうからだ。 光にも敏感なのでアイマスクをし、その上からロングサイズの手ぬぐいで目と耳をぐるぐる巻きにする。口元も隠れているほうが安心するのでマスクをし、工事現場などの騒…

「シン・ゴジラ」それは庵野総監督の意図ではない?

エッセイ Blue 4 「シン・ゴジラ」、噂通り面白かったのでレビューを書いたのですが、それは破棄し、いまこの原稿を書いています。 僕が言いたいのは〝こっちの方〟だなと気づいたからです。一言で言えば、こういうことです。 映画であれ小説であれ、作品と…

御所の北休憩所 後編

エッセイ Blue 3 その外国人の男性はといえば、年のころ30前後、ハンサムな顔立ちで、無精髭を生やしていた。髪は肩まであった。巨大なバックパックがテーブルの上に置かれている。色の落ちたジーンズにサイケデリックなシャツという── まぁ、70年代前…

御所の北休憩所 前編

エッセイ Blue 3 御所の北休憩所に以前よく行った。 体育館くらいの大きさがあるその広さがよかった。中央には雰囲気のある暖炉があり、その周りに6人掛けの木製のテーブルセットが25、も配置されている。 休憩所だから気兼ねすることもなく、いつまでだ…

北大路ビブレの大垣書店の猫に衝撃を受ける

エッセイ Blue 2 北大路ビブレの大垣書店のレジ前に、くるくる回るタイプのラックがあるのだが、そこに猫のポップが貼ってある。僕は初めて見たとき、度肝を抜かれた。 茶色のトラ猫が、思いっきり二本足で直立している。両腕も大きく広げている。 顔つきは…

透明人間と喫茶店

エッセイ Blue 1 ひとりで過ごすのが好きだ。 まったく苦にならない。それでもずっと家にいるとさすがに落ちつかなる時がある。そんな時は喫茶店に行く。人を誘うことはまずない。ひとりで行く。 喫茶店が好きなのだ。 もちろん喫茶店ならなんでもいいとい…




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。