風景という名の入り口

エッセイ Blue 33

 

 

 自分のためだけの風景というものがある。あるいは、自分のためだけの風景だと風景がある。そんな景色に出会うと、すぐにそれとわかる。一年に数えるほどしかない。2、3回もあればいいほうだろう。友人といっしょのときにそんな風景とめぐり逢うと、僕はできるだけ早いうちに、その場所へ戻ることにしている。今度は一人きりで。予定はなにも入れない。真っさらなスケッチブックのような一日のなかで、特別な景色と向かい合う。単独にならないと、五感や六感を全開にすることはできない。風景のほうも、自らを開け放ってはくれない。本当に「見る」ことをしないと、それは訪れない。本当に「聴く」ことをしないと、それは聴き取れない。── 待つ。この時間も、良いのだ。だから何も書かれていない白紙の一日を用意する。

 やがて風景は、内気な十代の少年や少女が警戒をゆるめるように、まばゆいその美しさを徐々に見せてくれるようになる。

 空が頭上にあるだけではなく、360度を取り囲んでいるのを背中でも感じだす。樹木も立体感を増していく。奥にある枝は遠くに、近くの枝はしっかりと手前に突き出して見える。いままで二次元の景色を眺めていたかのように。枝と枝との透き間までが確かになる。日光を載せた葉々の一枚一枚も鮮明になる。樹液の巡るさままで想像されてくる。葉ずれの音もかろやかだ。頭上を舞う鳥たちは、生命せいめいそのものとして目に映る。翼をひろげて中空を飛ぶ感覚を、こちらも鳩尾みぞおちにおぼえだす。色彩も明度を上げていき、空の青色や葉の緑色が細かく振動して見える。花々も生き生きとし、見ている自分の内側で赤色が咲いているように思えてくる。自らも黄に紫にひらいていくように感じる。呼吸がゆっくりになり、それに合わせて体が軽くなる。頭の中がひろがりだす。鳥の声や虫の羽音も内部からとどく。命の甘やかな匂いも内側にみちる。複雑な風の角度が感ぜられる。自身は風を受けているものであると同時に、吹いている風でもあるのだ。自然空間を── 自らのうちを── 光の粒子が飛びまわりだす。歓びが四方にちり、同時に平安につつまれ、いつしか僕の唇はほほ笑んでいる。彼の・彼女の美しさを、言葉を介さずに伝える。たたえる。彼らがどれだけ魅力的なのかを。風景もほほ笑みを返してくれる。エネルギーを与え、与えられる。循環する。巡るほどに光の粒が増えていく。声のない声で僕は問いかける。風景も黙したままキラキラと語ってくれる。その秘密を。秘密ではなかった秘密を。語りかけると、語りかけられる。聴き取られ、聴き取る。コチラガ、ヒライテイナカッタ、ダケナノダ── 。心も体も透き通って景色との境目も溶けていき、一つになって響き合う、── 恍惚の時間だ。

 

 自分のためだけの風景というものがある。自分のためだけの風景だと思える風景がある。あなたにも、そんな景色がおありになるのではないですか? その場所を、久しぶりに、訪れてみるのはどうでしょう。そこであなたは独りになり、独りではないことを直覚し、自らが本当は〝何であったのか〟を、思い出されるのかもしれません。慌ただしさや苛立ち、ごまかし、ねたみ・そねみ・敵意、── 様ざまな目くらましによって覆い隠されていた、私たちのを。

 風景というのは僕にとって── 自らも含めた世界の本質へと立ち還る── 入り口なのです。


f:id:btomotomo:20170705135335j:plain

 

 

 

 

 

 








にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩ランキング






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、ツイッター、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。