「現実」よりも、夜みる「夢」が好き

Blue あなたとわたしの本 218

 

 

「夢」をみるのが好きです。

「夢」、って夜みる夢ね。

 夢の中って、なんだか

 体もないような感じじゃないですか?

 あるようなないような。

 年齢もなさそうで。

 性別もあるんだかないんだか。

 自分、ってものも曖昧で、

 他人の意識の中に入っちゃったりもするし、

 過去に戻ったり、

 未来へ飛んだり、

 宇宙空間を漂ってたこともありますよ。

 あれは気持ちよかったなぁ。

 地球が青く小さく見えててさ。

 あとはどこを見渡しても暗黒。

 ゴうぅん、みたいな

 音が響いてた。

 宇宙に、

 一人ぼっちで浮かんでた。

 月や太陽はどこ行っちゃったんだろうね?

 ── ちょっと怖かったけど、

 安らいだな。


「夢」って、死と似ているのかなぁ?

 死が「夢」みたいだったら悪くないかもね。

 悪夢はヤダけどさ。

 まだまだ死ぬ気もないけどね。

 うん、夜みる夢は好きだな。

 ずっと見てたいくらい。

 だからかもね、

 目覚めても

 小説を読んだり

 音楽を聴いたり、

 映画を観たり、

 文章を書いたりするのは。

「夢」が好きだから。

 ずっと見ていたいから。

「現実」なんてものより、

 ずっと肌が合うんだよなぁ。

 
 でも── 

 還るまではね、

 ここでがんばるけどね。

 自他を

 たおやかな目で見ながら。

 もちろん、

 楽しい! を優先してさ。

 できるだけ「現実」を、


「夢」みたいな色に染めてやろうと思ってるよ。

 

f:id:btomotomo:20160414214109j:plain



 

 

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩ランキング






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、ツイッター、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。