いつか文章になるその日まで

Blue あなたとわたしの本 248

 

 

いつも文章のことを考えている。

朝、目覚めると、文章のことを考えだす。

文章が書けるから、ベッドから出ようかと思う。

日中も文章のことを考えている。

夜、ベッドの中でも文章のことを考え、

眠りの中でも、文章の新しい技術・表現を思いつくことを願う。

日本語、というのは、まだ完成されていない言語です。

ひらがな・カタカナ・漢字の組み合わせの効果。思想としての句読点。係り受けのさらなる探求。文末のバリエーション。過去・現在・未来、時制の移動。リズム、スピードのコントロール。人称のポシビリティー。無窮文体。

無限の、とてつもない可能性が残されてる。

それらを、追い求めたい。

言葉をさわらせてもらえること。

言葉をつつめること。

言葉をそっと移動させられること。

言語を尊重し、

言語に感謝し、

言語を楽しめること。

文章のことを考え、

言葉をつづれることが嬉しい。

文章作品の新作をまだ生み出せることが、

それをあなたに読んでもらえることが、とても嬉しい。

 

文章が〝なまくら〟にならないように、

食べるものに気をつける。

お酒やタバコは口にしない。

よく歩く。

筋力トレーニングも怠らない。

瞑想する。

 

ここがいったいどこなのかはわからない。

ここがなぜ存在しているのかもわからない。

ここが本当に存在しているのかどうかもわからない。

ただ、自分が文章というものに強く惹かれることは、

わかる。

ならば、その気持ちを信じるしかない。

その気持ちに、正直に生きていくしかない。

その気持ちで、立ち向かうしかない。

文章のために生かさせてもらい、

文章のために死なせてもらう。

文章。文章。文章。 

 

いつか文章の中で、

僕は存在することになる。

僕は文章になる。

文章が僕になる。

いつか文章になるその日まで、

この世界で言葉をつむげることが嬉しい。

生まれてきてよかったなと思う。

あなたと本の中で出逢えたこと。

この世界で出逢えたこと。

あなたに読んでもらえたこと、

あなたと心と心を重ね合わせることができたこと、それが、

嬉しい。

 

すべての文章に命が宿り、

すべてのページが光り輝いている、そんな、

奇跡の書物を僕は残したい。

 

 

いつか文章になるその日まで、

なにがあろうとも、

どんな時代になろうとも、

どれほどの闇が眼前に立ち込めようとも、

この世界で、

文芸に精励したいと思う。

生きていきたいと思う。


今を生きたいと思う。

 

f:id:btomotomo:20160229181131j:plain

 

 


 

 

 

 








にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩ランキング






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、ツイッター、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。