芽が出たとか出ないじゃなくてさ、情熱が あるかないかで決めようぜ

Blue あなたとわたしの本 184

 

 

 なんでもそうだけどさ、

 続けることがいちばん

 むずかしいんだよなぁ。

 繊細で、

 感受性が豊かで、

 そして

〝そのこと〟に関しても

 才能のある人ほど、

 続けることが

 むずかしい、ってところもあるんだよ。

 

 なんていうか── 

 打ちのめされちゃうんだよなぁ。

〝結果〟が出る前に── 。

 結果が出るまでは、

〝時間〟がかかるのが普通だからさ。

 

 だから、

 情熱のあるうちは

 やり続ける、って

 決めちゃうんだよ。

 決めちまうの。

 単純に決めちゃうんだ。

 情熱のあるうちは やり続ける、って。

 その方が〝楽〟になるから。

 気持ちが〝揺れない〟っていうかさ。

 

 僕は、

「芽が出た、芽が出ない」って言い方が

 好きじゃないんだ。

 なんだよ「芽が出た、芽が出ない」って?

 わかりづらいんだよ。

 その手のことを判断基準にすると。

「芽が出た、芽が出ない」じゃなく、

「情熱が あるか、ないか」

 それを基準にするといいよ。

 

 だから、

 もし情熱を感じなくなってきたら── 

 やめることも恥ずかしいことじゃないと思うよ。

 

 情熱があるうちはさ、

 たとえ罵倒されようが、

 無視されようが、

 笑いまくられようが、

 やりゃいいんだよ。

 誰に遠慮がいるものかってんだ。

 

 それに、

 いま、いま、いま、

 情熱を

 ブチ込んでやれてんなら、

 瞬間、瞬間、

 もう〝芽が出て〟んだよ。

〝出まくって〟んだよ。

〝時間の罠〟にも嵌まってないんだよ。

 

 ── 成功の基準は見えづらいよ。

 

 情熱を基準に、

 持ってくればいい。

 

 僕はそんな感じで生きてきたし、

 これからもそんな感じで生きていくよ。

 ともに

 楽しく、

 がんばろうぜ。

 

〝そのこと〟への

 情熱が── 

 続くかぎり、さ。

 

 

 

 

 大丈夫。

 伝わってる人には、

 ちゃんと

 伝わってるんだから。

 

f:id:btomotomo:20170328154347j:plain

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。