その哀しみがあなたを

Blue あなたとわたしの本 207

 

 

 その哀しみがあなたを、

 

 落ち着きのある人間にしたのです。

 

 あの哀しみがあなたを、

 

 深みのある人間にしたのです。




 哀しみは肉体的な痛みに近いくらい、

 

 ときにはそれ以上の傷みをともなうけれど、




 その哀しみが、

 

 いまのあなたを作ったのです。




 哀しみを体に収めた人は、

 

 草花の癒しに気づくようになります。

 

 動物の愛らしさに。

 

 空    そらの分けへだてなさに。

 

「美味しい」ということが

 

 慰めであることにも気づきます。

 

 音楽の言葉が、

 

 詩の旋律が、

 

 心の底まで届く人にもなります。




 すでに世を去った表現者たちと

 

 親友になることもできるのです。




 同じ哀しみを知った人を、

 

 深い目で見つめることもできます。




 だから、

 

 哀しみとともに歩むあなたを

 

 どうか哀しまないで。




 そのうれいを、ちん、と沈めたまま、

 

 ほほ笑めるご自身を尊重してあげてください。




 あなたにしか見えないきれいなものがあります。

 

 あなたにしか感じられない豊かさがあります。

 

 あなたにしかない、

 

 想像力も宿ったのです。




 哀しみがあなたをそういう人にしたのです。





 あたたかに澄んだ、

 

 ほほ笑みの深いあなたに。

 

f:id:btomotomo:20160211220617j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。