青い猫のブルース

Blue あなたとわたしの本 189

 

 

 * 主人公は女性です

 わたしの前を横切ったのは

 どこかで見かけた猫だった

 道がゆがみ 柱まわる

 

 目線の位置が なにか違う

 人の膝下が 行き交う

 

 うつむくと 毛むくじゃらの

 脚と爪

 

 どういうことよ?

 わたし自身が

 猫になって

 四つ脚で立ってる

 

 慌てふためいて周り見回す

 色味も消えてモノトーン

 塀がゆがみ 家はまわる

 

 見上げるとそこに 女の背中

 肩越しに振り向く 横顔

 

 なんてことよ ほかでもない

 それはわたし

 

 どうすればいい?

 叫んでみたけど

 口から出るのは

「ニャオン」だけ

 

 わたし、が歩み去る

 わたし、が鳴く

 立ち去る わたし、は誰?

 鳴く わたし、は誰?

 

 女が歩み去り

 心から哀しく

 その背中も消え

 なぜか

 

 ほっとした

 

 青い猫のブルース

 

f:id:btomotomo:20170516174309j:plain

 

 

 


 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。