読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blue あなたとわたしの本 75

 

 

【祭り】 

 

 青年は祭りが嫌いだった。

 馬鹿馬鹿しいと思った。

 意味がないと思った。

 だからもちろん

 加わりもしなかった。

 

 みんな馬鹿らしいと思わないのだろうか。

 あんなに笑ったり、

 必死の形相になったり、

 本当に、馬鹿みたいだ。

 

 青年は人びとを見下していた。

 祭りの意味のなさに気づく自分は

 頭がいいのだと思った。

 それが青年の

 ほとんどただひとつの

 なぐさめのようなものだった。

 

 だが青年は気がついてはいなかった。

 本当に〝頭のいい〟人たちは、

 祭りが馬鹿馬鹿しいことなどは

 最初からわかっているのだということに。

 意味のないことなど承知した上で加わっているのだということに。

 必死になることさえも彼らは楽しんでいたのだ。

 祭りが馬鹿げていることなど

 彼らにとっては結論ではなく、

 前提だった。

 そのうえで祭りに参加していた。

 そして、

「馬鹿馬鹿しいが、

 面白みもあるものだなぁ」

 と思っていた。

 笑みさえももらした。

「馬鹿げている。でも、

 悪くはない」

 

 

 青年は祭りの馬鹿らしさについてだけを語り、

 参加しないことを唯一のプライドとし、

 徐々に灰色になり、

 やがては透けていき、

 そして──

 消えていった。

 

 

 青年はたしかに、

 通常の人間より細やかな神経を持っていた。

 やさしいところもあった。

 頭も悪くはなかったのだ。

 

 青年も、

 いちど加わってみてもよかったのだ。

 馬鹿になり、

 笑い、

 必死にもなって、

 いちどだけでも

 人びとの輪のなかで踊ってみてもよかったのだ。

 汗まみれになって──。

 

 そこには青年の知らない感情もあったかもしれない。

 

 それに祭りは、

 長くはつづかないものだった。

 祭りはつかの間に終わってしまうのだ。

 加わろうか加わるまいかと思い悩む値打ちもないほどに、

 あっという間に

 幕引きとなってしまう。

 

 

 だが、

 いまはまだ、

 祭りは行われているようだ。

 

 音が聞こえてくる。

 光がはじけている。

 匂いもただよってくる。

 手をのばせば指さきも触れそうだ。

 いつまでつづけられるのかはわからないけれど、

 祭りは、

 まだ、

 たしかに行われている。

 

 

 あなたやわたしの、

 一歩、二歩、

 その先で──。

 

f:id:btomotomo:20160315194807j:plain

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。