「 Blue あなたとわたしの本 」も50回を越えたので、 ベスト15にまとめてみた。

「Blue あなたとわたしの本」に訪問してくださって、ありがとうございます。

 

おかげさまで『Blue〜』も50回を過ぎましたので、皆さまからいただいたスターやいろいろな要素、僕自身の偏愛もふくめ、15の『Blue〜』を選んでみました。

投稿順に、古いものから並べてみます。

 

これは僕がよく思うことですね。

 

 

これもそうです。

思い入れがある言葉であることは、アイコン写真を使っていることからもわかりますね。

 

 

これも僕にとっては大切な言葉。ケイさん(男性です)の写真とのマッチングもいいんじゃないでしょうか。

 

 

写真との組み合わせもふくめ、僕は意外と好きなんですけどね、これ。「なんで神さま、関西弁やねん」みたいな。なんの反応もなかったですね。

 

 

これもケイさんの写真がカッコいい。僕の言葉を気に入ってくださる人がいれば嬉しいですが、Kei Tamura の写真が好きだ、という方がいらっしゃったら、やっぱりそれも嬉しい。

 

 

これはけっこう長文。『Blue〜 26』のある種のパラフレーズ。26、27、28がセットになっています。

 

 

このあたりからだんだんスターをつけてくださる方が増えてきました。嬉しかったですねぇ。

 

 

34、35は、クサさスレスレだとは思いますよ。でも、人の心を打ち砕くような〝事実〟を書くのなら、ほんの少しだけ、〝きれいなほう〟へ傾けることを僕は選びます。

 

 

この言葉は、僕のなかのリミッターがややはずれかけています。

ダークな写真がいい。

36、37が38の伏線にもなっています。38がいちばん言いたいこと。

 

 

39、40は「太陽の塔シリーズ」ですね。

mayu nomura さんに写真を提供していただきました。

2枚とも、僕はとても好きです。

 

 

言葉と写真がうまくはまったように感じます。どうでしょう?

 

 

これも言葉通り。

「いつも最後まで、残る」。

空に浮かんでいるのは〝凧〟です。わかりました?

 

 

そう思います。うん、そう思います。

 

 

『Blue〜 50』とセット。なっ、俺、シリーズ。

まだつづくかも?

 

 

僕は怖がりだから、おびただしい数の言葉を書かなければならないんです。それでやっと、なんとか最初の一歩が踏み出せるといった感じです。いつも。

 

 

 

 

駆け足でふり返ってきましたが「Blue あなたとわたしの本」は──そのタイトル通り──〝僕自身〟の本なんです。そしてもちろん、僕とよく似た〝あなた〟の本でもあります。

たったひとつでも、あなたの胸に響く『Blue〜』があったら、嬉しいですねぇ。

 

 

またご訪問ください。心よりお待ちしています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

f:id:btomotomo:20160323110422j:plain

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。