読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blue あなたとわたしの本 19

Blue あなたとわたしの本 歌詞

 

 

【フクロウバス】 

 

フクロウバス フクロウバス

青いフクロウが刻まれてる

フクロウバス フクロウバス

どこまでも君と乗っていたいよ

 

毎日くたくた ねじれた棒みたい

ごめんね君を ほっぽってた

現実なんか放り出して

首から上も放り投げて

さぁ行こう(ドアをひらいて)

 

天へと落ちる滝

岸辺に打ち上げられる月

どこでもないどこかで

誰も知らないどこかで

ねむりたい ほどけたい

 

フクロウバス フクロウバス

青いフクロウが刻まれてる

フクロウバス フクロウバス

どこまでも君と乗っていたいよ

 

街がどんどん 小さくなってくね

上から見ると こんなにきれいなのに

地上にいるとどうして

傷つけ合うことばかり

さぁ行こう(もっと昇って)

 

窓の外は夜空

砕け飛ぶ赤い星々

ひとつひとつのかけらに

いくつもの記憶が映る

かすめてく 青いバス

 

フクロウバス フクロウバス

次元も飛び越えて するりふわりと

フクロウバス フクロウバス

透き通っていたい 見えなくなりたい

 

フクロウバス フクロウバス

昇って落ちて 昇って昇る

フクロウバス フクロウバス

青い光を 虚空にひく

 

誰も乗っていない バス

 

f:id:btomotomo:20160111133152j:plain

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。