読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力的な文章とは? 「Blue〜」的考察

エッセイ Blue 文章について

エッセイ Blue 9

 

 

 ほとんどの人にとって、文章を読むということはしんどいことだと僕は思っているんです。

 結論から言うと、魅力的な文章とは読むのに苦労しなくてもいい文章、ということになります。歯をくいしばらなくても読み進められる文章、ということです。

 異論はあると思いますが、僕にとってはそうです。

 では、読み手に努力感を感じさせない文章とはどういったものなのでしょう? 

 

◯ リズムのある文章

  

 心地よいリズムのある文章だと思います。読んでいて、行から行へ、苦もなく飛び移らせてくれる文章です。行と行でブツブツと切れている印象だと、乗ることができません。読み手は「しんどいなぁ」と感じてしまいます。

 極端なことを言えば、内容がたいしてなくても、リズムさえあれば人は読みつづけられます。リズムに乗って読んでいる、そのこと自体が気持ちよくなってくるからです。そのくらいリズムは大切だと感じます。

 

◯ 紙面のさわやかさ

 

 あまりにも漢字が多く、黒々とした紙面だと読む気がなくなります。ひらがなばかりというのも区切りが分かりづらい。リズムにも乗れなくなってきます。

 バランスよく、漢字、ひらがな、カタカナを交えたいものです。

 プリントアウトした紙を すこし離して眺め、紙面にビジュアル的な美しさがあるかを確かめてみるのはどうでしょう?

 

◯ 初稿は〝来る〟まで待つ

 

 初稿は、自然に湧きだしてくるまで待ってください。

 僕自身のことになって恐縮ですが、「Blue〜」もいま160回分あります。「なにかいいことを書いてやろう」「なにか癒しの言葉を書いてやろう」などと思ってパソコンに向かったことは1回もありません。そんなことをしたら〝いやらしいもの〟になるか、どこかで読んだことがあるようなものになるのが落ちでしょう。

 まず先に着想が来ます。それを待ってください。

 散歩をしているときとか、こころが傷ついているときとか、読書をしているときなんかに僕の場合はよく〝来ます〟。音楽を聴いているときにもよく来ます。

 紙と筆記用具を常に持ち歩いているので、すぐに書き写します。すぐに書き写さないと、もう思い出せません。思い出せても、時間が経っていると純度が低い初稿になっています。

 次々と文章が思い浮かぶのが普通ですから、来たらすぐに書き写してください。書き写せば、もう安心です。あとはそれを推敲すればいいのです。

 初稿は〝来るまで待つ〟これが基本だと僕は考えています。

 

 

  

 ここまで三つにまとめましたが、あっさりと二つにしてみましょう。

 読み手に努力感を感じさせない、魅力的な文章を書く方法は、

 

◯ 初稿が〝来る〟まで待つ

 

◯ 推敲する

 

 この二つのように思います。

 初稿を受け取ったら、納得のいくまで推敲してください。何度も何度も読み返し、書き直しているうちに、リズムも生まれ、紙面もビジュアル的に整ってきます。

 読者は時間をかけて読んでくれます。お金を払っていない場合でも、時間を払ってくれています。時間を払うということは、命を払ってくれているということです。書き手もやれるだけのことをやるのは当然のことです。

 推敲していると、真心のようなものが文章にこもっていくのを覚えます。読み手はその〝波動〟のようなものを感じ、心地よくなるのではないでしょうか。愛情をこめた分だけ、読者もまた愛情を感じるのだと思います。

 完成したら、「あぁ、これでいいんだな」というカチリ、とした感慨が来ます。その感触が訪れるまで推敲してください。

 書き手の健全なプライド、読者を尊重する想いは、かならず伝わります。

 

 

 最後に、推敲するとき僕が気をつけていることを箇条書きにし、記事を終わりたいと思います。

 誤解のないように申しておきますが、「僕は魅力的な文章が書けている」などと思い上がっているわけではありません。こういった原稿を記してみようという着想がそれこそ〝来た〟から、ノートに書きなぐりました。それを元に、こころを込めてブラッシュアップを重ねたのが今回の記事です。備忘録的な意味合いもあります。

 どなたかのお役に立てれば、それはやはり── とても嬉しいことです。

 

  

  推敲するときのチェックポイント 

     (小説的な技術も若干含まれています) 

  

◯ 一つひとつの文章は短いか?

◯ 心地よいリズムが生まれているか?

◯ 紙面にビジュアル的な美しさがあるか?

◯ 主語と述語が離れすぎていて、意味をつかみにくい文章はないか?

◯ 主語がなくても成立するのが日本語。不必要な主語ははぶかれているか?

◯ 同じ言葉をすぐ近くで使っていないか? 類語に置き換えられないか?

◯ 語尾が「です」「ます」、あるいは「る」「た」「だ」、ばかりになっていないか? バリエーションをつけられないか? (アクションシーンなどは例外。「た」「た」「た」で迫力が出ることもある)

◯ 〈体言止め〉を乱用してはいないか? (体言止めは臭みが出たり、嫌味な感じになるのがほとんどのように思われる。これもアクションシーンは例外)

◯ 「また」「そして」「というのも」「だから」など接続詞を使いすぎて文章のスピードが削がれてはいないか?

◯ 逆にスピード感がありすぎて軽くなってはいないか?

◯ 「たちまち」「やや」「決して」「確かに」など、副詞を乱用してはいないか?

◯ 「少し」「ちょっと」「何かしら」「何か」「何となく」「何だか」「絶対」「まったく」「やっぱり」「これ」「この」「それ」「その」「あれ」「あの」「それから」「まるで」も、はぶけるのではないのか?

◯ に、に、が、が、は、は、などが一文のなかで重なってはいないか?

◯ 形容詞や修飾語が名詞の先に来ていないか? 名詞の後に形容詞の順にできないか? そのほうが分かりやすくはないか? (とても美しい京都の街 → 京都の街はとても美しい)

◯ 「その友人の発言が私を驚かせた」、英文法のような日本語を書いてはいないか? 「友人の発言に驚いた」でいいのではないのか? 「驚いた」も描写で表せないか? 

◯ 誤字脱字はないか?

◯ 流行語を使ってはいないか? (あっという間に古くなる)

◯ 記号を使いすぎてはいないか?

◯ 少しでも〝あやしい〟と思われる言葉は辞書を引いてその意味を確認しているか?

◯ その単語が本当にベストなのか?

◯ 句読点は本当にそこでいいのか?

◯ 段落はそれでいいのか?

◯ 構成はそれがベストなのか?

◯ 説明ではなく、描写できないか? 

◯ 形容詞の代わりに具体的な描写で表現できないか? 「ものすごい爆発音でした」を「蛍光灯が揺れるほどの爆発音でした」などに。

◯ 描写は五感を刺激するものになっているか? 視覚のみの描写にかたよってはいないか? 音は? 匂いは? 感触は? 味は? 第六感ではどう感じる? 

◯ 説明でいいところを、くどくどと描写してはいないか?

◯ 不必要なことを書いてはいないか? 必要なことは書かれているか?

◯ 当たりまえのことを書いてはいないか?

◯ 冷静に書かれているか? 血は通っているか?

◯ 原稿は数日間、寝かせたか? もっと寝かせてから手を加えたほうがいいのではないか? 

◯ 読まずにはいられない冒頭になっているか?

◯ 余韻の残る、結びの一文となっているか?

◯ 原稿に緩急があるか? 

◯ もっと削れないか? もっとシンプルにならないか? 

◯ 独自の表現はあるか? 

◯ 特定の人を傷つけてしまう可能性のある言葉を使ってはいないか? 

 

f:id:btomotomo:20160325211137j:plain

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。