死んだようには生きたくないけど、死にながらは生きたいな。僕は幽霊になりたいんだよ。

Blue あなたとわたしの本 115

 

 

 幽霊になることだね。

 他者との さかいめ もなくすことだよ。

 僕ももちろん、

 できてないんだけどね。

 

 だって、

〝自分〟なんてものを

 握りしめてるから、

 くらべちゃうわけでしょ?

 つらいわけでしょう? 

 ときに 苦しくさえなるわけでしょう?

 

〝私〟って想いが

 強すぎるからなんだよ。

 

 悪いことでもないんだけどね。

 一長一短 なんだよなぁ。

 

 僕は

 死んだようには生きたくないけど、

 死にながらは生きたいなぁ。

〝幽霊〟になりたいんだよ。

 それって消極的、とか、

 悲観的、とも違うんだよ。

 それらとはほとんど

 真逆の意味なんだよ。

 

 もっと〝幽霊〟のように、なりたい。

〝幽霊〟って怖いものじゃないんだよ。

〝幽霊〟ほど優しいものはないんだよ。

 ほわっ、としたものを配れる、

 それと気づかれないほどそっと配れる、

 自分でも気づいてないまま配れる、

 配れるもないまま配れる、

 そんな、

 優しい〝幽霊〟になりたい。

 ──そう思う。

 

 

 

 

 ときどき、

 そう思う程度なんだけどさ。

 

f:id:btomotomo:20160518114858j:plain

  




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。