すべての人があなたを憎んでいるなんて思わないで

Blue あなたとわたしの本 200

 

 

すべての人があなたを憎んでいるなんて思わないで。

そんな馬鹿げたことを。

 

つらくなったら行ってごらんよ。

だれかが誠実に、

思いを積みあげて

作った世界へ。

 

いつだって

あなたを待ってるから。

そこはそのためにあるんだぜ。

 

感受性が豊かで、

傷つきやすく、

ひとりが好きで、

優しすぎる、

そして

激しいものも抱えた、

そんなあなたのために、さ。

 

もちろんここに来たっていいんだよ。

ちょっと町はずれになるけどね。

グチだっていくらだって聞いてあげるさ。

だってここは、

あなたとわたしの

屋根裏部屋じゃない。

最初っから、

これからもずっと。

だれに遠慮がいるものですか。

 

あなたはどんな思いを積みあげる?

 

あなたの思考が、

言葉が、

行動が、

すべてに影響を与え、

この世界を形作っていくんだ。

 

 

 

ずいぶんと陽ざしが、

あたたかそうに延びてきたよ。

もう少しで、

いまあなたのいるところまで届きそうだなぁ。

 

僕にはそれが、

はっきりとわかる。

 

f:id:btomotomo:20171007212836j:plain

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。