読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙を書いたよ

Blue あなたとわたしの本 169

 

 

  たとえば職場── 。

「どうして思いやり合えないのだろう?」 

 あなたの

 その心を、 

〝気の弱さ〟

 と、取る人間もいるんじゃないかなぁ。

 ── くみしやすい奴、とかね。

 

 そういう人たちはあまり深く、

 他人の内面を、

 感じることができないのです。

「こいつはこういう奴だ」

 と、結論を下すのが

 早い、という特徴もあるようです。

 想像力が不足しているのでしょう。

 あと── 

 変な表現かもしれないけど── 

〝自分自身のファン〟じゃないんです。

 人をいじめる人とかは、

 全部、そうなんです。

 ── 気づいてはいないけど、さ。 

 

 だから、

 失礼な言動をとられたとしても

 気にしないで。

 

 ちょっとやそっとじゃ、

 人は変わらないから。

 その人はその人で考えてもらおうよ。

    いろいろな経験をしてもらってさ。

 

 大事なのは

 あなたじゃない。

 

 あなたの

 心の豊かさ、

 神経のこまやかさ、

 ちょっと普通じゃないところ、

 変わった好み、

 ひとりを楽しめるところ、

 多面性、

 共感力、

 考察力、

    独自の世界、

 いまも癒えない傷、

 それでも失わなかった── 

 やさしさ。

 そういったものに、

 ちゃんと

 気づける人間、

 気づけるだけでなく、

 興味を持ち、

 好きになり、

 涙もこみ上げ、

 いとしく思い、

 なんとかしたいと思い、

 素晴らしいと思い、

 そして、

 尊重してくれる人たちが、

 ちゃんといますから。

 

 そういう人たちにさえ、

 わかってもらえたら、

 そういう人たちと、

 思いやり合えたら──  

 

 それでいいじゃない。

 

 

 あなたがその

 清らかさを、

 持ちつづけますように。

 

 あなたが幸せなとき、

 僕も心が

 ふわぁ、っとなるんだよ。

 

 

 

 おやすみ。

 

 

 

 手紙を書いたよ。

 

f:id:btomotomo:20151218110712j:plain

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。