読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂に刻み付けられた〝それ〟

Blue あなたとわたしの本

Blue あなたとわたしの本 119

 

 

 なぜ〝このこと〟にこれだけ

 関心があるのだろう?

 心をとらえられるのだろう?

 

 けっこう苦しいときもあるのに、

 いや、しょっちゅうあるのに、

 どうしてやめられないのだろう?

 

 気持ちが沈んでいても、

 気がついたらやってしまってる、

 元気まで出てきたようだ。

 

 そこに、

 あなたの人生を解く

 鍵があるように思うんだ。

 

 たまたまではないって。

 あなたが〝それ〟に惹かれるのは。

 

 偶然ではないって。

 あなたの魂に

 刻み付けられてる

〝それ〟は。

 

f:id:btomotomo:20160605164514j:plain

 

 

 

「 Blue〜 62」の別バージョン、あるいは長めのバージョンと言えるかもしれません。今作は今作で独立しているようにも思うので、「 Blue〜 118」としてカウントしました。

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。