あなたがすでに持っている 限りなく10割に近い幸せ

Blue あなたとわたしの本 219

 

 

 そこそこ

 

 健康なんだったらさ、もう

 

 9割、

 

 幸せですよ。

 

 感謝の手を合わせ、

 

「好きなこと」をやろう。

 

 大好きなそのことを。

 

 

 

 それでもう

 

 幸せ度は

 

 ほぼ10割です。

 

 限りなく10割に近いの。

 

 世界が輝きわたってる。

 

 認められる・認められないなんて、

 

 はるか下界の

 

 話に思えてくるよ。




 時間がまだ

 

 たっぷりと残されているうちは、

 

 なかなかそのことに

 

 気づけないんです。

 

 どっぷりと首まで

 

 この世に浸かっちゃってるから。

 

 だから、

 

 律儀に、

 

 悩み苦しむのです。

 

 もがき苦しむの。

 

 一喜一憂してね。




 そういう季節があって当然だし、

 

 なきゃマズいとも言える。

 

 悩んでる人の気持ちが分からないわけではないし、

 

 その「苦しみ」が馬鹿げているとも思わない。

 

 わらうつもりもあるわけない。

 

 むしろ、

 

 切ないと同時に、

 

 眩しくも見えるよ。

 

 

 

 すでにいま持っている

 

 幸せに、

 

 苦しみの季節の

 

 真っただ中を生きる人は

 

 気づけないということです。

 

 気づきにくいということ。

 

 この青空や、

 

 この陽光、

 

 日が沈み

 

 日が昇ることも、

 

 大して美しくも映らないように。




 でもね、

 

 あなたはすでに持っているんです。

 

 すでに持っているんです。

 

 限りなく10割に近い、

 

 幸福を。




 この文章が読めるほどの健康。

 

 好きなことがあるという僥倖ぎょうこう




 その幸せを

 

 少しでも意識し、

 

 心を安らかにし、

 

 過去も未来も見すぎず、

 

 心の中の手を合わせ、

 

 ゆったりと

 

 微笑んで、

 

 旅をつづけてください。




 あなたがすでに持っている

 

 限りなく10割に近い

 

 幸せとともに。

 

 

 

 旅はもう、始まっているのだから。

 

f:id:btomotomo:20181017144143j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩ランキング






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、ツイッター、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。