誰かに悪口を言われたら

Blue あなたとわたしの本 217

 

 

誰かに悪口を言われても

抵抗しないことです。

抵抗するとあなたの貴重なエネルギーを

浪費してしまいます。

ひどいことを言われたからといって

同じように口汚く言い返せば、

あなたも同じレベルに

落ちてしまったということであり、

あなたのことを本当に好きな人たちは

がっかりしてしまうのです。


それでもムカムカするって?


じゃあ、いいことを教えてあげましょう。

ちょっと考えてみてください。

こういうことです。


物の分かった人は、

あなたが思うよりもずっと多い。

 

少しの時間、考えてみてくださいね。

── どうです?

少しラクになったでしょう?

 

物の分かった人は、

あなたが思うよりもずっと多い。

 

これは事実ですよ。

黙っているだけで、

みんなちゃあんと

分かっているんです。

どちらが

大人の対応をとったか。

誰が大人気なかったかをね。

 

さぁ、貴重なエネルギーを、

あなたのやるべきことに集中させましょう。

 

自他を

ハッピーにする

大好きなそのことに。

 

階段でも、

エレベーターでも、

ヘリコプターでも、

なんでも結構ですから、

笑顔で

さらに高みまで昇るんです。

そうすれば、

階下から聞こえていた何やら騒がしい声さえも、

 
そのうち耳に届く距離ではなくなってるんだから。

 

f:id:btomotomo:20181111144847j:plain

 

 

 

  

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩ランキング






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。