俺だぞ! 俺が書くんだぞ!

Blue あなたとわたしの本 215

 

 

 羽生結弦さんの言葉に、

「俺だぞ! 俺が滑るんだぞ!」というのがある。

 僕はこの発言が好きだ。

 いま3年ぶりに僕も小説を書いてる。

「俺だぞ! 俺が書くんだぞ!」

 という自負が、やっぱり、ある。

「お前ごときがおこがましいんじゃ」って、

 いまたくさんの人が思っただろうけど、

 そう思った人は── 

 ヤバイよ。

 自分自身にも、

「お前ごときが── 」って

 意識的にせよ無意識にせよ

 言ってる確率が高いから。

 

 誰だってさ、

 誰だって、

 スゴい人なんですよ。

 スゴい力を持ってるの。

 なのに生きてきたどっかでさ、

 自分の可能性をとっくにあきらめた大人の言葉で、

 真っ当な自尊心を

 砕かれちゃったんだよ、多くの人は。

 

 誰だって、

 凄い力を持ってたのに。

 

 私だぞ!

 私が書くんだぞ! 

 と思って書いてください。

 私だぞ!

 私が歌うんだぞ!

 と思って歌ってください。

 私が弾くんだぞ!

 私が描くんだぞ!

 私が演技するんだぞ!

 作るんだぞ!

 踊るんだぞ!

 撮るんだぞ!

 戦うんだぞ!

 

 この私がやるんだぞ!

 

 そう思って挑んでください。

 その気持ちが、

 自負心が、

 自己肯定感が、

 自己信頼感が、

 自己イメージが、

 あなたを

 高みまで連れて行ってくれるから。

 

 世界ってさ、

 あなたが何を宣言しようと、

「あなたがそう言うんだったらそういうことにしときましょう」としか

 言わないんだよ。

 そのまんまを現実として返してくるの。

 巨大な鏡なの。

 

 だから、

    何を宣言するかがこの上なく大事なんだ。

 

 あなたはスゴい人なんです。

 わたしもスゴい人なんです。

 これは傲慢な心ではなくて、そんな

 健全な自尊心を持っていてこそ、

 人をいじめるなんて

 愚の骨頂をすることもなく、

 他者のことも

 尊重できるんだ。

 自他に手を合わせられるんだ。

 

 みんなみんな、

 生まれてきた人は

 スゴい人なの。

 まばゆいほどの、

 恐ろしいほどの

 可能性を持ってるの。

 僕はそう信じてるよ。

 確信しています。

 

 だから、

 生きていこう。

 生きてみるんだ。

 生きていくんだ。

 生きていくんだ!

 

 自分がスゴいことを忘れるんじゃないよ!

 

 

「私だぞ!」

「私がやるんだぞ!」

 

f:id:btomotomo:20160211214246j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩ランキング






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。