このシュールなコントを ─ 本気になんなよ─

Blue あなたとわたしの本 209

 

 

「俺はこんなところで終われない」とか、

「私には才能があるんだ、

 実力があるんだ」とか、あるいは、

「自分なんて── 」とか、

 

 どっちにせよ、

 たかだか100年も経ちゃ、

 あんたの「実力」なんて

 だれも覚えちゃいないよ。

 

 シュールなコント。

 ここはシュールなコント。

 大真面目に演じてる

 ただのコント。

 

 未来の「夢」にばっかり焦点合わせるのもいいけど、

 となりにある満開の桜はピンボケで目に映ってる。

 

 いま、いま、いま、に

 居たいなぁ。

 だってよく出来てるぜ、

 この舞台セット。

 

 喜劇だと知りつつ、

 人とも比べすぎず、

 ワクワクすること

 やりゃあいい。

「昨日より良くなったな」

 子供みたいに笑ってたい。

 

 振り回されるんじゃない、

 もてあそばれるんじゃない、

 あなたとわたしが〝遊ぶ〟んだ。

    このシュールなコントを。

 すぐに終わっちまうコントを。

 でも最高のコントを。

 

 

 本気になんなよ、どうせコントなんだから。

 本気になろうぜ、どうせコントなんだから。

 

f:id:btomotomo:20180425175417j:plain

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩ランキング






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。