小説「YES」⑧ 完結

 

 十七歳の夏、そんな体験をしました。もちろんこれは私の人生にとって、とてつもなく大きな意味をもつ出来事でした。それまで抱いていた厭世観えんせいかんのようなものが百八十度変わってしまったのです。吹き飛んでしまいました。

 そうです。同い年である彼女もまた、八月六日を体験していたのです。

 広島市に原子爆弾が投下されたのは、国民学校の一年生、七才のときのことでした。朝の八時十五分。地上600メートル上空で炸裂し、爆心地周辺の温度は一気に3000度まで達したそうです。私はちょうど通学途中で、爆心地から二キロと離れていない場所を歩いていました。石造りの高い壁があり、私はその石垣に沿って歩くのがいつもの癖でした。結果的に、それで熱線の直撃をまぬがれたようなのです。奇跡的なことだそうです。そのときの広島市の惨状といったら、それはもう、地獄です。みなさまも記録映画等でごらんになっているでありましょうから、くどくどと申し上げません。坂本はつみちゃんという八才の女の子が書いた、『げんしばくだん』という詩があります。

 

  げんしばくだんがおちると ひるがよるになって 人はおばけになる 

 

 私は、これ以上に胸がえぐられる詩を知りません。この子も見たのです。このとおりなのです。まさにこのとおりです。爆風で舞い上がった粉塵ふんじんで太陽の光が遮断され、あたりは真っ暗になったのです。まるで真夜中のようにです。視界がわずかに晴れると、灰色に煙ったなかを〝おばけ〟になった人々が呆然と歩いている。両腕を前に差しだし、はがれた皮膚を指先から垂らしながら歩いている人びとの光景を私は忘れることができません。息がまだあるのが不思議なくらいに焼け爛れた姿となって地面に横たわった女性が、「水をすこし飲ませてもらえませんか」と丁寧に言った・あの細い声も忘れることができません。

 私も、両親と兄、妹のすべてをあの日に失いました。みな心の優しい人たちでした。戦時中でも父と母は明るさを失いませんでした。少なくとも子どもたちの前では暗い顔を見せないように努めていました。高校まで卒業させてくれたくれ市の親戚にも、本当に感謝しております。当時、まだ貴重だった自転車まで買い与えてくれたのですからね。

 ── ずいぶんと長い話になってしまいました。このあたりで終わりたいと思います。── 私の考えを述べます。今夜、みなさまが話されたテーマ、問いかけ、に対する私の答えは、

 YES、です。もちろんYESです。YESですとも!

 そのとき、彫刻家が畳から立ち上がった。画家のところへ歩みより、両手をさし出し、画家の手をしっかりと握ったのを僕は覚えている。画家もはにかんだような笑みを浮かべてその手を両手で握りかえした。彫刻家は涙をこらえているようにも見えた。四つの手のひらが何度か上下にゆれた。彫刻家は、画家が被爆者であることを知っていたのかもしれない。それを知っていて、その夜のテーマを振ることは彫刻家にとっても勇気のいることだったはずだ。しかし画家は「YES」と答えた。もちろんYESだ、と── 。

 画家はそのあとも短く話した。

 その後、上京し、画塾で教えて、貧しいながらもなんとか生計を立てられるようになったこと。自分のえがきたいのは十七歳のときのあの体験であること。しかしそれは彼女と、そして森羅万象とひとつになったかのような不思議な体験そのものではないということ。私がえがきたいのは、と画家は言った。

「私が描きたいのは、意識がもどり、自転車にまたがっているのに気づくまでの、〝完全な空白〟のほうなのです。。自我はなくなっているが個々の対象物── 彼女や、花や水や光や── になっている意識はあり、恍惚も感じているあの川原での体験ではなく、対象の意識もなくなり、心の作用もすべてが消失した・何もかもがなく、そして本当の意味で何もかもがあったであろう、あの〝完全な空白〟、あの〝完全な空白〟そのものを私はえがきたいのです」

 彫刻家は、張りつめすぎてきた場の緊張感をゆるめようと思ったのか、笑みを含めた口調で返した。

「しかし、それは不可能というものでしょう。〝完全な空白〟を描く、なんていうことは」

 そのとおりです、と画家は真顔でうなずいた。だから私は── 

「だから私は、。絵を描かないことによって、私はやっと本物の画家に近づくことができたのです」

 もちろんあの画家がある種の狂人であった可能性は否定できない。川原で精神錯乱を起こし、幻覚を見、それを神秘体験ととらえ、狂ってしまったのだ。あるいはすべてが作り話であった可能性もないことはない。何のためにそんなことをしなければならないのかはわからないけれど。

 

 僕はそののち横浜も離れ、引っ越しを繰り返し(長崎に住む友人と出会ったのは北鎌倉だった)、故郷である宮城県へ戻った。十七年前のことだ。僕は現実的になり、地に足をつけた生活をしようと心を決めた。電子部品をあつかう会社に就職し、その事務職に就いた。同僚の女性と結婚し、娘もできた。そして去年── 

 三月十一日を迎えた。

 空襲や原子爆弾の投下というのは胸が潰れるほど辛いことではあったが、僕らの世代にとって(それも広島にも長崎にも生まれなかった人間にとって)、それは歴史のなかの出来事であり、記録フィルムのなかの映像でしかないのも事実だった。

 しかし唐突に、地獄は目の前に広がっていた。そこに地獄そのものがあった。〝現実的に〟も〝地に足をつけて〟もなかった。押し流され、燃やし尽くされたのだ。特撮映画のように。完膚なきまでに。

 ──あれから、二度目の夏が来ようとしている。

 妻と娘の一周忌を終えたばかりの僕に、長崎の友人もこの「問いかけ」をすることは勇気のいることだっただろう。かなり奇矯なところもある友人ではあったが、根は思いやり深い・繊細すぎるほど繊細な男であることはその作品を読めばわかる。

 ── この世界は善か?

 二十年前の夜、彫刻家がかかげた「問いかけ」と、それはまったく同じものだったのだ。

 この世界は善か?

 もちろん僕にはわからない。わかるわけがない。はい善です、と答えられるわけもない。〝夢想〟も〝現実的〟も、すべてが押し流され破壊しつくされた今、いっさいがもう信じられないのだから。

 長崎の友人は定期的に手紙をくれる。変わり者の彼は電子メールではなく手紙を書く。「どうしても携帯電話を持たなければならなくなって購入したがたいてい押し入れの奥に突っこんである」とわけのわからないことを数年前の手紙にも書いていた。僕も手書きでの返事に付き合っていた。

 友人は小説家だ。まだ本は出版されていないから小説家志望、というべきか。

 いや、俺は小説家だよ、と友人はいつかの手紙に書いていた。この世を去る最期の瞬間までそのとき書いてる作品、文章を推敲しているはずだからな。そんな人間が文筆家じゃなきゃなんなんだよ? と。「ほとんど小説のことしか考えてないし、小説以外のことは考えたくもない。日に日に、益々そうなっていってる。最近では俺が小説なんじゃないかと思うことすらある」──何をいっているのかわけがわからない。

 だがじっさい、彼は小説家だと思う。鎌倉に住んでいたころ僕も創作の真似事をしていたことはあるが、彼と出会い、彼の書いたものを読み、打ちのめされた。こういった人間を作家と呼ぶのだろうなと思った。思考回路がまるでちがっているし、400字詰めで一日に20枚も30枚も実際に書いていた。それは快感をともなうほどの奇妙な敗北感だった。

「一般的な意味での才能だったら君のほうがあるさ」、同い年の彼はそう言った。「でも才能だけじゃだめだ。才能より大切なものがある。それはほとんど不幸に近いものだ。そしてやっぱり幸福にも近いもの。幸福なほど呪われている、とでも言うかさ。それを持っていることが才能と言えば才能なんだよ。超才能、とでも言うのかなぁ」── わけがわからない。

 

 僕は、読みかけの手紙の最後の二枚を上着のポケットに突っこみ、仮の住まいの寺を出た。初夏の光が降りそそぐ外を歩いてみた。被害の甚大だった場所からそれほど離れているわけでもないのに、ここにはまだ変わらぬ日常があった。しっかりとした大地があった。二本の足を交互に前に出し、その地面を踏みしめながら、俺はなぜまだ生きているのだろうかと考えてみた。そして彼らはなぜ死んでしまったのだろう。死ななければならなかったのだろう。

 古くからある民家が建っていた。陽射しが埃っぽい土の道を照らしていた。木々の葉々がその一枚一枚に光をのせ、風にふるえていた。乾いた砂の匂いと草の香りが混じり合って鼻さきへ届いた。生きているからなのだろうな。こんなふうにまだ匂いが感じられるのも。見上げると、夏の空があった。 

 明るく澄んだ空だ。見たところは震災以前と何ら変わらない空がひろがっていた。子どものころとも、画家が川原で見上げた空とも何ら違わないであろう空があった。原子爆弾が落とされようと、水素爆発が起ころうと、昨日までの日常が破壊しつくされようと、空は空であることをやめようとはしていなかった。

 この世界は、まだまだつづいていくのだな、── そう思うと、笑いに似たかたちに唇の端がねじ曲がった。

 俺はなぜあのとき会社などにいたのか? なぜすぐに帰らなかったのか? なぜ馬鹿みたいな書類を入力し直していたのか? 妻と固定電話がつながったのに、「念のため二階にいるんだぞ」くらいでなぜ済ませてしまったのか? 見なれた海がなぜあんなに持ち上がったのか? なぜ黒い波となって押し寄せなければならなかったのか? 何のためにあんなことが起こったのか? あれほどの理不尽がなぜ許されたのか? 誰が許したのか? 誰が起こしたのか? いったい誰が許可したんだ? 

 ── この世界は善か? 

 もちろんNOだ。

 善でなどあるわけがない。── それでも、あれからたくさんの人たちの支援によって自分は今日まで生き延びてきた。それは事実だ。果たして生き延びたかったのかどうかはわからないけれど。もう、わからない。何もかもがわからないのだ。正気を失ってしまいそうだった。正気を失ってしまいたかった。あの画家が言っていたことも今となっては戯言たわごとに思える。やはりたんなる狂人だったのだろう。そうでなければ聖人をきどったペテン師だ。イカサマ野郎だ。

 生き残った俺はいったいこれから何をすればいい? 大いなる存在とやらがいるのならなぜまだ俺をする? 俺は何を感じればいい? 俺を通して何を感じたい? 成長? 拡大? 罪もない女や子ども、老人や動物までをも水責め火責めで虐殺し、それでいったい何の成長だ? 何の拡大になる? ええ? 誰か教えてくれよ、

 この世界はいったいなんなんだ! 

 うつむき、土の路面に目を落とした。黄色いものが視界の隅に入った。そこに陽が当たっていた。焦点を合わせた。路肩に咲いた花だった。二歩、三歩と歩み寄っていた。細い茎に支えられ、わずかな風に花冠かかんがゆれている。薄い、花びら。ひらいていた。膝の力が急激に抜けていき、しゃがみ込んだ。じっと見た。見やった。口をあけて馬鹿のように見た。五枚の花びら。葉っぱはハート形をしていた。

 娘は花が好きな子だった。花が咲いているといつも近づいていった。不思議そうに眺めたあと、顔中を笑顔にしてこちらを見上げた。妻と二人、胸のなかが温かさでいつもいっぱいになったのだ。「このお花の葉っぱはね、夜になると閉じちゃうのよ」、妻の声がよみがえった。そうだ、この花だった。妻は娘にそう説明していた。「ふうん、ねんねするのね」「そう、ねんねするの。みんな夜はねんねするの。お花さんもいっしょね」。

 かがんだまま花を見つづけた。ひらいていた。黄色くひらいていた。雲が太陽を隠したらしく、その黄色が翳った。そして片側から明るさをまた取り戻していく。花びらの黄色がまぶしいほどに、切実なまでに、それでいて無心に、ふたたび照った。

 足もとに白い物があった。長崎の友人がくれた・届いたばかりの手紙の最後の二枚だった。上着のポケットから落ちたのに気づかなかったらしい。拾いあげた。読んだ。

「もう何もしたくないだろう?」と書いてあった。「布団をかぶったまま動きたくないだろう? いや、それでも動くんだな。感じるんだよ。動けば感じるから。感じるために何かをするんだ。何かを感じるために何かをするんだ。わかるか? 感じるために生きるんだよ。感じるために生きるんだと知れば不思議な安堵が訪れるはずだ。活力も湧いてくるだろう。動くんだ。行動するんだよ。どうしてか? それが生きるということだからだ。ココは行動するところなんだ。感情に耳を傾けるんだ。感情を羅針盤にするんだ。頭で考えてばかりいちゃ駄目だ。理性でばかり計算しちゃ駄目だ。それだと真実の自分から遠ざかってしまう。結果にもこだわるな。それだと脆い。どうなるか見てみるんだ。そこに面白さと自由がある。成功しなければ、という頭が千切れる。うまくいこうがいかなかろうがやりたいことをやれ。ひたすらに自分をひらけ。さらにもっと感じるんだよ。残酷だと憤りを覚えるかもしれないな。俺を殴りたいかもしれない」

「俺はこの数日のうちにまた旅に出ることになる」、手紙はこう結ばれていた。「アジアだけじゃない。こんどのは少し長い。可能なかぎり地球を見てくる。可能なかぎり感情を感じてくる。悲惨なものをたくさん見ることになるかもしれない。人間は愚かで幼稚だからな。心の底からの歓喜もうまくいけば何度も味わうだろう。俺は引き裂かれるだろう。感情を味わう。味わい尽くす。真実は感情にあるんだ。感情が教えてくれる。感情に従う。胸踊るほうを選ぶ。瞬間瞬間に爆発する。俺は旅に出る。そのために金をためてた。三年間帰らない。そのあいだに長編小説を一本仕上げる。小説を書くことが俺の答えかただ。小説を書く、という行為そのものが俺の答えかたなんだ。この世界に自分の子どもを誕生させる決心はまだつかない。だから小説を産み落とす。それが歴史への俺の加わりかただ。全身全霊で小説を誕生させる。三年たったら必ず帰ってくる。出来上がった小説を君にいちばんに読んでもらう。いいか、三年後だ。きっかり三年後──君は生きていて、俺の小説を必ず読むんだ。読むんだ。約束したぞ!」  

 上体を起こし、立ち上がった。反射的に、チノパンツのポケットから携帯電話を取り出した。長崎の友人にメールを打った。奴は携帯電話を押し入れの奥にいつも突っこんでいることを思い出した。それでもメールを打ちつづけた。送信した。

 ──これからそっちへ行ってもいいか。はなむけの言葉の代わりにお前をぶん殴ってやる。これから長崎へ行くぞ!

 携帯電話が震えた。ほとんど送信すると同時に震えた。

 彼からだった。たたんだケイタイをまた開いた。読んだ。一年ぶりに、小さくだが声を出して笑えた。涙が目にたまっていたらしく、笑った拍子に頬をつたったのがわかった。

 彼の返事も短かった。ひとことだけが打たれていた。ただひとことだけ、

 ──YES、と。

 

f:id:btomotomo:20171027230608j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 作中にあった〝問いかけ〟を突き付けられたとき、あなたなら「NO」と答えますか? それとも「YES」ですか? そしてその理由は? お考えをお聞かせください。お待ちしております。

 お読みくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 








にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩ランキング






「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、ツイッター、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。