あなたやわたしが手を下すまでもなく

Blue あなたとわたしの本 198

 

 

あなたが

プライベートで、

誰かに一言、

ガツン、と

言ってやりたくなったとします。

 

その相手が

あなたにとって、

とても大切な人であり、

どうしても知らせてあげたい、

伝えてあげるべきだ、と、

直感が、

心が、

ささやくときにのみ、

そうしてください。

 

人は、

かげひなた、

その両方の言動により、

落ち着くべきところに

落ち着くようです。

 

誰かが 手を下すまでもなく。

あなたがわざわざ

階下へ下りていく必要もなく。

 

あなたやわたしが集中するべきことは、

あなたやわたしが集中するべき

そのことそのもののはず。

 

あなたが誰かに一言、

言ってやりたくなったとしても、

 

人は、

かげひなた、

その両方の言動により、

落ち着くべきところに

落ち着くようです。

 

振り子も自然と止まるように。

舞い上がった凧も落ちるように。

 

 

あなたやわたしが

手を下すまでもなく。

 

f:id:btomotomo:20170916225538j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。