哀しい人間など誰もいないのです

Blue あなたとわたしの本 194

 

 

あなたが何かを生み出そうとするとき、

あなた一人でやるわけではありません。

時間も空間も超えたすべての次元が動きだします。

その実現に協力してくれます。

あなた一人でやるわけではないのです。

五感を駆使し、

直感を働かせ、

インスピレーションを見逃さないようにしてください。

差し出されている無数の温かな手のひらを感じるはずです。

 

 

 哀しい人間など誰もいないのです。

 

  

   

 

    (小説「1パーセントの深い哀しみ」続編、「海を見上げる、その暗く温かな場所で」より抜粋)

 

f:id:btomotomo:20170730202626j:plain

 

 

「海を見上げる、その暗く温かな場所で」は近日 note で公開予定です。

 ただいま最終推敲中。

 待っていてくださる方が

 もし、いてくださるのなら、

 待っていてください。

 

 悪いようにはしません。

    

f:id:btomotomo:20170705135335j:plain

 

 

 

「1パーセントの深い哀しみ」レビュー集付

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。