「ありがとうございます」って素直に言える人には誰も勝てないんだよ

Blue あなたとわたしの本 190

 

 

 僕なんかにでもさ、

「ありがとうございます」って

   言ってくれる人がいるんだよ。

 

 そんなときは

 ── いつも思うよ。

 あぁ、この人の勝ちだな、って。

 

 僕はちゃんと言えてるのかな、って

 自問してしまう。

 

 ありがとうございます、って

    頭を下げられる人が、

 立派なんだよね。

 無敵じゃん、って思うよ。

 

 ありがとうございます、って言える あなたが伸びるの。

 素直さを持ってる あなたが

 目に見えるものからも 見えないものからも手を差し伸べられるの。

 

 素直さがないと

 なかなかそうはいかない。

〝損得〟って観点から考えても、

 とても もったいないこと。

 自分で自分の活路を塞いじゃってるんだよなぁ。

 

 僕も、ヘンに曲がらないでいたいと願ってるよ。

 いくつになってもね。

「ありがとうございます」って

 頭を下げられる男でいたい。

 素直さを持ちつづけたい。

 

 本当の

 カッコ良さってさ、

 きっと、

 あんまり目立たないもんなんだと思うよ。

 でもわかる人には、

 ちゃんと、わかる。

 

 

 心をひらき、

 自然に、

 さわやかな言動のとれる

 人間でいたいなぁ。

 

f:id:btomotomo:20170527150627j:plain

 

 

 


 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。