心が休息を求めたら

Blue あなたとわたしの本 188

 

 

 休みたい、って思うときはさ、

 心とからだ が充電したい、って言ってるんだから、

 それに従えばいいんだよ。

 

「なにくそ」なんて

 がんばるのはさ、

 根性でもなんでもないですから。

 損得勘定 計算して、

 自分を追い詰めてることが多いんです。

 こざかしい理性じゃなく、

 直感を信じるの。

 

 心配してるようなことは起こらないから。

 

 心を休息させてあげてください。

 エネルギーを補給してください。

 するとまた、

 心が喜んで、

 ふわっ、っと ひろがってくんだよ。

 あなたらしい

 きれいな色の光で、

 からだの内側が

 いっぱいになってきたら、

 また自然と、

 配りたくなってくるから。

 

 配るってなにを、って?

 

 そんなこと、

 あなたは充分 知ってるから、

 言わないよ。

 

 わざわざ、ね。

 

f:id:btomotomo:20170510215549j:plain

 

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。