読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊於娑婆世界

Blue あなたとわたしの本

Blue あなたとわたしの本 176

 

 

 あなたと僕が

 恐れなければならないのは、

 こんなことをやって

 なにか

 意味があるんだろうか? と

 思ってしまう

 その領域が、

 歳とともに

 拡大してしまうことだ。

 

 これは

 ── 恐い。

 こうなってしまうと、

 足が

 止まってしまう。

 意味はあるのか? と 

 問うてしまったら、

 たいていのことは

 意味がないように

 思えてしまうんだよ。

 

 だから、

 だけど、

 

 心配しなくていい。

 

 意味なんて

 なさそうなことを、

 それでも

 やってみたいことを、

 なぜだか

 心惹かれることを、

 

 やってみるんだ。

 

 手足を

 自由に動かす、

 楽しむ、

 遊ぶ、

 つづけてみる、

 そのために、

 あるようなもんなんだよ。

 人生という、

 この不可思議で、

 魅力的な

 場所は。

  

 

〝愛〟をあらわそうよ。

   

 あなたはあなたの表現で。

 僕は僕の表現で。

 

 その愛おしい、

 この愛おしい、

 

 命のつづくかぎり。

 

f:id:btomotomo:20161222184750j:plain

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。