恋文 そしてありがとう

 

 

  今年も残すところ、あと三日足らずとなりましたね。

 月並みですが、ほんと、年々 早く感じられます、一年が経つのが。

 

「はてなブログ」は今年の一月から始めたんです。僕としては── ほんと例外的に── 華やかな一年を過ごすことができました。

 あたたかなコメントをたくさんいただきました。きびしいコメントもありました。いろいろなお考えがあり、それは当然のことだと思います。

 交流を持たせてもらった方々、いただいたお声、このサイトにご訪問してくださったすべての皆さまに、感謝しております。ありがとうございました。

 

 来年は少しブログから離れ、孤独と静寂のなかに帰るつもりです。そこで充電し、もちろん執筆をつづけます。もっと深々と、創作がしたいのです。

 

 このサイトで、ご報告や告知をすることはあると思います。更新頻度は低くなるでしょうが、「Blue〜」の新作も上げるつもりです。読者登録をそのままにしておいていただけると、ありがたいです。── 待っていてください。

 

 僕が立ち上げました はてなブログ グループ、「写真詩ブログ、集え!」にご参加くださった皆さまにも、この場をお借りして、お礼申し上げます。ありがとうございました。

 個性的で、才能豊かな方々が多く集まってくださったこと── 僕はとても嬉しかった。僭越ですが、誇らしいような気持ちにもなりました。

 

 読者の皆さま、それぞれの方のブログへ、ぜひ、いちどお立ち寄りください。多種多様な世界が楽しめるはずです。僕にはとても書くことができない、魅力的な作品群がそこにあります。

 写真詩ブログ、集え! - はてなブログ グループ

 

 はてなブログ グループ作ったよ! - Blue あなたとわたしの本

 

 

 

 

 華やかだった2016年のことを、僕が忘れることは生涯ないでしょう。

 

 

 

 ── よいお年を。

 

 

 

 

 

 またお逢いいたしましょうね。

 

 

 

 

 恋文

 

Blue あなたとわたしの本 1

 

 

 感受性が豊かで、

 傷つきやすく、

 ひとりが好きで、

 そして優しすぎる、

 そんなあなたが、

 僕は好きです。

 

f:id:btomotomo:20160221182729j:plain

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。