ふたつの孤独

Blue あなたとわたしの本 162

 

 

一人っきりでいるときっていうのは、

僕はちっとも

孤独を感じない。

孤立感を覚えるのは、

溶け込めていないのに

グループの一員として、

カウントされてるとき。

そんなときは── 

そんな時間を過ごしているときは── 

孤独を感じます。

ときに、

肉体的な痛みに近いくらいの、

孤独を。

 

 

あなたが いま、

孤独の痛みを感じていないといいな。

一人っきりでいたとしても。

大勢のなかにいたとしても。

 

f:id:btomotomo:20161011111131j:plain

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。