読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなただけの風景

エッセイ Blue 7

 

 自分だけの風景というものがある。

 そんな風景にめぐり逢うと、すぐにそれとわかる。

 一年に2、3回もない。あればいいほうだ。

 友人と一緒のときにそんな風景に出逢うと、僕はできるだけ早いうちに、その場所へまた向かう。

    今度は一人で。

 予定は なにも入れない。真っさらなスケッチブックのような一日のなかで、新しい風景と向かい合う。僕も── 僕の気にいる風景たちもたいてい── 人見知りだから、馴れるまでに時間がかかる。自分の心がひらくのを待つ。風景のほうも心をひらいてくれるのを待つ。── この時間も、きらいではない。

 やがて風景は── 内気な十代の少年や少女が徐々にガードをゆるめるように、その柔らかな心を── その美しさを── 僕に見せてくれるようになる。

 花々は立体感を増し、色彩は鮮やかになり、木々の輪郭はくっきりとし、空が奥行きを深める。鳥の声や虫の羽音が聞こえだす。命の甘やかな匂いも嗅げるようになる。風の角度を肌に感じる。光の粒子が空間を飛びまわりだす。

 僕は、自然と微笑んでいる。

 彼の、彼女の美しさを、言葉を使わずに伝える。讃える。どれほど魅力的なのかを── 。彼らも微笑みを返してくれる。光の粒子の数が増え、空間を── スケッチブックのページを── 埋め尽くしていく。

 ── とても清潔で、幸せな時間だ。

 

 

 

 自分だけの風景というものがある。

 あなたにも、あなただけの風景があるのではないですか。

 それはささやかなことかもしれない。

 ささやかではあるけれども── それはとてもとても──

 祝福に満ちたことだと思うのです。

 

f:id:btomotomo:20160325211137j:plain

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。