北大路ビブレの大垣書店の猫に衝撃を受ける

エッセイ Blue 2

 

 

 北大路ビブレの大垣書店のレジ前に、くるくる回るタイプのラックがあるのだが、そこに猫のポップが貼ってある。僕は初めて見たとき、度肝を抜かれた。

 茶色のトラ猫が、思いっきり二本足で直立している。両腕も大きく広げている。

 顔つきはというと、確信に満ち、一切の迷いというものがない。おのれを信じ切ったその両の目などは怖いほどだ。

 そして言葉でこうメッセージを発している。

 

 アピールしなきゃ パスは来ない

 

 衝撃を受けた。

 そうか、そうだよなぁ、と深く教えられる思いだった。

 

 アピールしなきゃ パスは来ない

 

 たしかにそのトラ猫は言葉だけではなく、全身でアピールしていた。

 アピールそのものと化していた。

 

 俺にパスを出せ、と。

 俺が決めてやる、と。

 絶対に悪いようにはしねぇ、と。

 

 仮にそれをサッカーだとしよう。

 僕は迷わずこのトラ猫にパスを出すだろう。

 こいつなら弾丸シュートをゴール隅に突き刺してくれるはずだ。

 たとえ空振りしたとしても、こいつは一瞬たりとてヘコむこともなく、また両腕を大きく広げ、こう叫ぶだろう。

 

 俺にパスを出せ、と。

 

 そうだ、そうなのだ。

 

 アピールしなきゃ パスは来ない、のだ。

 

 僕はこのトラ猫に、深く深く教えられた。

 

 

 僕は北大路ビブレの大垣書店で勘定を済ませるたびに、

「あのぉ、あのトラ猫のポップ── 用済みになったら、いただけないでしょうか? 僕にはまだあのトラ猫が必要なんです」というセリフがそこまで出ているのだが、どうしても言えない。勇気が出ない。

 

     だめだ だめだ!

 何事によらず、 

 

 アピールしなきゃ パスは来ない、のだー!!

 

 

(このトラ猫は全国各地の書店にいるのでしょうか? それとも北大路ビブレの大垣書店にしかいないのでしょうか? もしそうだとしたら、交通費をかけてでも見に行かれる価値があると思います。生で見るその衝撃は凄まじいものがあります。きっとあなたのことも勇気づけてくれることでしょう)

 

f:id:btomotomo:20160809190408j:plain

  © 智(とも)

 

 

f:id:btomotomo:20160325211137j:plain

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。