メビウスの輪

Blue あなたとわたしの本 134

 

 

現実を見ろ、

現実を見ろ、

って言う人がよくいるけど、

現実なんか見ておもしろいのかなぁ?

おもしろい人もいるんだろうけど──

僕はあんまりおもしろくないんだよなぁ。

人間が好きなことのほとんどってさ、

現実から逃避することなんじゃないの?

アレ も アレ も アレ だってそうじゃない。

それでいいと思うんだよねぇ。

ただ、僕はあんまり

薄汚い現実逃避って

好きじゃないんだ。

生理的に駄目なんだよね。

できることなら、

美しく現実逃避したい。

言葉にするとキレイすぎるけど──

ホント、そう思う。

あなたもあなたの好きなことで、

あなたらしく現実逃避すればいいと思うよ。

現実となじめないんだったら、

現実に合わせようとして

自分をいじめるんじゃなく、

あらゆる知恵を使ってでも、

逃げまくればいいんだよ。

そうやって

気持ちよく現実逃避して、

たのしく現実逃避して、

美しく現実逃避して、

遠くへ

逃げて逃げて逃げてたつもりが

気がつけば

現実、と呼ばれるものと

なぜだかまた ひょっこり 結びついてた、ってことも

あるんだよ。

そうなったらどうなるんだ、って?

決まってるじゃない。

もう誰ひとりとしてあなたに何も言えない、ってことだよ。

だってあなたは

非現実、と現実、を

ひとつにしてしまった、

連続させてしまった、

 

これ以上ない成功者ってことなんだから。

これ以上ない幸福者ってことなんだから。

 

f:id:btomotomo:20160626131732j:plain

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。