読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともしび

Blue あなたとわたしの本 132

 

 

海岸ぞいの道を歩いていた ひかりが跳ねる初夏の海

あちこちの庭からは布団をたたく 心地よい日常の音

ささやかな幸せが いつまでもつづきますように

季節の匂い 胸に吸いこみながら 高い空 見上げていたい

 

夕映えに赤く染まる母親と 4才くらいの女の子

見過ごしてしまいそうな小さなお地蔵様に ふたり並んで手を合わせてる

ささやかな幸せが いつまでもつづきますように

見知らぬ ふたつの後ろ姿 思わず僕は抱きしめそうになる

 

星空の下を夜行列車が走る 黄色 だいだい色 家々の灯

ひとつひとつの つつましい明かりは 懸命に生きる命たちの灯

ささやかな幸せが いつまでもつづきますように

だれもが悲しみ背負い 戻らぬ昨日想い それでも祈りの朝むかえる

 

ささやかな幸せが いつまでもつづきますように

すべての愛すべき ともしびよ

満天の幸せあれ

満天の幸せあれ

 

f:id:btomotomo:20160622214216j:plain

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。