どうしてこんなに恵まれているのだろう?

Blue あなたとわたしの本 124

 

 

 こんなことがあったから

 自分はこうなんだ、

 あんなことがあったから

 自分はこうなんだって

 決めつけるのはもうよそう。

 

 解釈しだいですべては

 180度 変わる。

 

 あなたが、

〝あんなことがあったからこんな自分〟を

 律儀にまっとうしたとしても

 他人はそんなこと、気にもとめてないんだよ。

 キツい言い方をすれば、

 観客のいない一人芝居なんだよ。

 

 あなたのことを本当に愛している人たちが

 心を痛めるだけだ。

 

 会ったこともない僕ですら

 胸に痛みが走るよ。

 

 あなたが解釈を変えれば、

 すべてはほとんど一瞬にして変わるんだ。

 

 何もかもが〝あれ〟でよかったのだと思ってごらん。

 何もかもが〝これ〟でよかったのだと思ってごらん。

 すべては〝うまく〟いっているのだと思ってごらん。

 どうしてこんなに恵まれているのだろうとさえ考えてごらん。

 

 反論したいその気持ちもいったんわきに置いて、さ。

 

 徐々に徐々に──

 あなたの目に、

 あなたの心に、

 何もかもがこれでよかった証拠、

 何もかもがうまくいっている理由、

 たくさんの

〝どうしてこんなに恵まれているのだろう?〟が、

 映ってくるから。

 

 僕もそんなふうに思って、

 過去の意味づけを変えながら──

 今日を生きているんです。

 

 

 

 

 

 

  ねぇ、

 あなたと僕は──

 どうしてこんなに恵まれているのだろう?

 

f:id:btomotomo:20160607175717j:plain

  




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。