読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「できると信じたらできるの」

Blue あなたとわたしの本 120

 

 

社長 「私はこのプロジェクトに挑戦したいと思ってる」

社員 「社長、お言葉ですが、我が社には──まだその技術が──」

社長 「ないと言うのかね」

社員 「正直、申しまして、そう思います」

社長 「あると思うんだけどなー」

社員 「私もそう信じたいですが──」

社長 「じゃあ、信じたらいいじゃん」

社員 「────」

社長 「できると信じたらできるの」

社員 「──たしかに前回、だれもが不可能だと思っていたあのプロジェクトを社長は成功させました。ほとんどたった一人で。ですが、今回は──」

社長 「今回は?」

社員 「難易度が高いのです。たしかに一見、前回のほうが難しそうには見えます。ですが、今回のほうが遥かに難しい。それは専門家たちの一致した意見でもあります」

社長 「私も一応、専門家なんだけど」

社員 「失礼いたしました」

社長 「私も一応、専門家なんだけど」

社員 「2回も言わんでも──」

社長 「あぁー! めんどくせー! めんどくせーったらありゃしねぇ! だったらいまこの場でやってやるよ!」

社員 「ええー !?」

社長 「だったらいまこの場でやってやる! って言ってんの!」

社員 「そんな、無茶な、スーツが濡れま──」

社長 「スーツが濡れるのが怖くて世界企業をひきいてられるかってんだ! ひきいてられるかってんだ! 見とけよー、うらー!!」

社員 「おおぉおおおー!!」

 

f:id:btomotomo:20160604234415j:plain

  

前回の社長の仕事

 

 

社長関連

 

 

社長の言葉

 

 

社長の言葉

 

 

社長の言葉

 

 

社長の言葉

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。