読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blue あなたとわたしの本 97

Blue あなたとわたしの本

 

 

その高すぎるプライドを

いったんわきに置いてみ。

別に捨てなくてもいいから。

 

深すぎるコンプレックスは捨てたほうがいいなぁ。

気にしてるのはあんただけだから。

 

見返りを求めるその気持ち、

どっか遠くへ放り投げよう。

苦しみの石ころだ。

 

心をひらいてみ、

怖いのはわかるけど。

ガードをしっかり固めてたわりには

あんたボロボロじゃん。

ハードパンチ、食らいまくってるし。

 

もう降参してみ。

降参して、

手放して、

無抵抗になって

微笑んでみ。

 

そうすれば、

どうしてだかわからない

なんなのかもわからない

安らぎが訪れるから。

ボロボロの体の

内側から訪れるから。

 

やさしくされるのを待つんじゃなく、

自分からやさしくしてみ。

愛されるのを待つんじゃなく、

自分からくばってみ。

 

祈ろう。

何のためでもなく。

 

そして時が流れ、

あんたは気づくだろう。

目の前で、

堅く閉ざされていた

その扉までが、

ひらいていることに。

 

そんときのあんたには、

そんなことさえも、

もう

大したことではなくなっているだろうけどさ。

 

f:id:btomotomo:20160413140830j:plain

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。