Blue あなたとわたしの本 88

 

 

 あの人にもこう思われた、

 この人にも嫌われた、

 あぁ、もうアカンて、あんたなぁ〜。

 

 あんたは〝エスパー〟と違うんやから。

〝読心術の世界的権威〟でもないんやから。

 

 あの人やこの人がどう思ってるかなんてわかるわけないんやから。

 そやのに「こうに違いない」って

 あんただけが信じてんにゃ、

 頭のなかの妄想を。

 頭のなかの臆測を。

 なぜか なぜだか どういうわけだか 微塵も疑うことなく

 あんただけが信じとんねん。

 あの人に絶対嫌われてる、って。

 

 疑ってみ。

 ほんまにそうなんかって。

 たいてい、事実はそうと違うんやから。

 信じたらアカン。頭のなかの悲観的な声なんてもんは。

 

「おまえの言うことなんか信じるかーい」

 言うたってみ。

「は〜、なんか言うたはりますなぁ。へ〜、そうなんどすかぁ〜、左様どすかぁ〜」

 言うて、ただ聞いてたるのでもええわ。

 

 そのうち弱って、消えていきよるから。

 辛気くさい、気を滅入らせるだけの、

 妄想、臆測の頭のなかの声が──。

 

 

 ほんまでっか、ってか?

 

 

 

 

 

 知らんけど。

 

f:id:btomotomo:20160301221057j:plain

やっぱりおまえか、この白馬(しろうま)ー!

どこの白馬や‥‥‥、ほんまに‥‥‥。

しかし今日は、よーしゃべっとおったなぁ‥‥‥。

わけのわからんことを‥‥‥。

 

 

 

 

 白馬関連 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。