読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blue あなたとわたしの本 67

 

 

マラソンランナーたちが街なかを走っている。

 

どうしてだろう?

一人ひとりが眩しく見える。

スポットライトでも当たっているみたいに。

沿道から声援を送っている人たちも活気はあるけれど、

ランナーたちのように輝いては見えない。

 

──そうなんだよな、と僕は思う。

彼らは、

ランナーたちは、

本当にいま、

舞台に上がっているんだ。

 

彼らは傷つくかもしれない。

勝てないかもしれない。

だけど、

挑戦することを選んだんだ。

 

自転車にまたがったまま

対岸から見ているだけの僕は、

その全身をすっぽりと陰につつまれていることだろう。

 

いや、卑下するのはよそう。

僕の悪いクセだ。

僕は僕のマラソンを走ればいい。

あなたはあなたの舞台に上がればいい。

 

苦しくて顔が歪んだとしても、

転んでしまったとしても、

 

挑戦する人間の姿は、

あなたの姿は、

きっと誰かのモチベーションとなり、

いまも

眩しく輝いて見えているはずだから。

 

f:id:btomotomo:20160309193457j:plain

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。