Blue あなたとわたしの本 64

 

 

【星空の逃飛行】

 

 月も青い涙ながす今夜

 迎えにいくよ

 きみの部屋の窓 開けておいてね

 

 そこは「がんばれ」のない国

「大丈夫さ」もない国

 謎でできた風だけが

 やわらかく肌をつつむ

 

 ここではない世界へ

 どこでもない世界へ

 だれがそれを責められる?

 ここがどこなのかだれもわからない

 

 色電球の海 遠い調べ

 逆さになった

 観覧車がくるくるまわるよ

 

 そこは「わたしが」のない国

「時の流れ」もない国

 花々に灯がともって

 踊るピエロ 影法師

 

 ここではない世界へ

 どこでもない世界へ

 だれがそれを責められる?

 やさしいこころがつぶされていくよ

 

 月の涙が降りそそぎ

 浴びたきみは虚無になる

 絵本となった僕はページはばたかせ

 きみを乗せて飛び立とう

 きみとともに逃飛行

 

 ここではない世界へ

 どこでもない世界へ

 だれがそれを責められる?

 どうして苦しむ必要があるの?

 

 ここではない世界へ

 どこでもない世界へ

 だれがそれを責められる?

 やさしいこころがつぶされていくよ

 

 ここではない世界へ

 どこでもない世界へ

 自分がなくなるのなら

 自分の苦しみもすでにないのさ

 

 月の涙かわき 戻るときは

 すぐに言ってね

 きみの部屋までは運んであげるさ

 

 もといた世界へ 帰してあげるよ

 帰してあげるよ

 

f:id:btomotomo:20160304214927j:plain

 

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。