読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blue あなたとわたしの本 39

Blue あなたとわたしの本

 

 

【太陽の塔のように】

 

心のエネルギーが落ちてきたとき、

僕は塔に逢いたくなる。

太陽の塔はいつもたったひとりで立っている。

この〝わからない〟という世界に

たったひとりで立っている。

向かい合うと、

僕は決まって、

生きていこう、と思う。

ありのままの自分で生きていこう、

と覚悟が決まる。

 

両腕を大きくひろげ、

すべてをさらけだした

太陽の塔のように。

 

f:id:btomotomo:20160204115029j:plain

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。