親友が欲しいのですか?

Blue あなたとわたしの本 165

 

 

 あなた以上に

 ひとりを深く

 楽しめる人は

 そうはいないから、

 親友が欲しいのなら、

 素晴らしい友ができますよ。

 

 フェイスブック的な

〝友達〟が

 何百人いたって

 たいして意味ないじゃない。

「親しいのですか?」

「5年前にいちど話したきりです」、みたいな。

 

 自分自身とふたりきりで

 豊かな時間を過ごせる

 あなただからこそ、

 同じくらい魅力的な

 親友ができますよ。

 

 あなたが心底

 リスペクトできて、

 あなたのことも心底

 尊敬してくれる友が。

   たがいの成長を

 喜びあえる友が。

 いつくしみ合える友が、ね。

 

    僕もそんな友達が欲しいです。

 そんな親友が欲しい。

 

 たった一人でいいから。

 

f:id:btomotomo:20161023201331j:plain

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。