読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第11回銀華文学賞佳作受賞作「YES」カクヨムで公開

 


 

寺院の一室。長崎に住む友人がくれた手紙のなかの一文に目をやったとき、「僕」は二十年前に聞いた、ある画家の話を思い出す。

横浜、宮城、そして広島── 。

画家は狂人だったのか? それとも悟りを得た人物だったのか?

善とは? 悪とは? 

この世界とはいったい何なのだ?

渾身の純文学幻想譚。

 

 

 

 

── ブラッシュアップをほどこした「YES」の最新バージョンです。

お読みいただければ、とても嬉しく思います。

 

 

 


 

 

 

f:id:btomotomo:20160712111647j:plain

 

 

 


 


 


記事のなかから、僕の自己紹介的な色合いもあるリンクを貼らせていただきました。合わせてお読みいただければ嬉しいです。

 

f:id:btomotomo:20160413141242j:plain

 

(小説のご感想をもし お書きいただけたら、この記事のコメント欄よりお送りください。お時間をいただくことはあるかもしれませんが、コメント欄で返信させていただきます。ブログ内にご感想が表示されることをお望みでない場合は、その旨 お書きください。そのようにさせていただきます。

ブックマークでつぶやいていただくのも、もちろん大歓迎です。

いつも「Blue あなたとわたしの本」にご訪問くださり、ありがとうございます。感謝しています。

もっと やさしい人になりたいと、最近よく思います)

 

 

 

 

 




にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




写真詩 ブログランキングへ




follow us in feedly




「Blue あなたとわたしの本」は毎日更新から不定期更新に切り替わりました。読者登録をご検討いただければ幸いです。ブックマーク、フェイスブック等でのシェアも大歓迎です。いつもありがとうございます。