Blue あなたとわたしの本 97

その高すぎるプライドを いったんわきに置いてみ。 別に捨てなくてもいいから。 深すぎるコンプレックスは捨てたほうがいいなぁ。 気にしてるのはあんただけだから。 見返りを求めるその気持ち、 どっか遠くへ放り投げよう。 苦しみの石ころだ。 心をひらいてみ、 怖いのはわかるけど。 ガードをしっかり固めてたわりには …