Blue あなたとわたしの本 96

願いごとを 願うこともなく、 頭もなく、 心もなく、 手を合わせるときというのが 人生にはある。 それは、 もっとも美しい、 祈りの姿なのかもしれない。