Blue あなたとわたしの本 75

【祭り】 青年は祭りが嫌いだった。 馬鹿馬鹿しいと思った。 意味がないと思った。 だからもちろん 加わりもしなかった。 みんな馬鹿らしいと思わないのだろうか。 あんなに笑ったり、 必死の形相になったり、 本当に、馬鹿みたいだ。 青年は人びとを見下していた。 祭りの意味のなさに気づく自分は 頭がいいのだと思った。…